「ハハハッ」と笑ってみようよ!笑顔が自慢になるコラム

#2 ホワイトニングとは

笑った時に見える歯が真っ白であるだけで、その人の印象もグッと変わるのではないでしょうか。
ホワイトニングが「歯を白くすること」ということは、みなさんご存知のことでしょう。しかし、そのホワイトニングにもさまざまな方法がありますし、効果にも違いがみられます。
歯の黄ばみの原因は何なのかを知り、白い美しい歯を手に入れましょう。

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、簡単に言えば、「歯を白くすること」です。歯の汚れを取るだけのクリーニングとは違います。歯を溶かしたり削ったりもしません。ホワイトニング剤を歯に塗って治療をしていきます。
ホワイトニングをしたいという方の多くは歯の黄ばみに悩んでいる方ですが、その黄ばみの原因についてみていきます。
歯が黄ばむ原因は2つあります。

  • 歯の表面につく着色(コーヒーやタバコのヤニ)
  • 歯の内部の黄ばみ

歯を白くする歯磨き粉を買ってきて自宅で行う場合もありますが、これは歯の表面の着色を取り除くだけで、歯の内部の黄ばみまでは改善できません。サロンで行う場合も同様です。
しかし、歯科医師によるホワイトニングは違います。
歯科医師によるホワイトニング方法についてご説明します。


ホワイトニングの仕組み

まずは、歯の構造です。

歯は、内側から神経・象牙質・エナメル質の3層でできています。
ホワイトニング剤をエナメル質に塗っていくわけですが、市販の歯磨き粉やサロンで使うホワイトニング剤の成分は、表面だけに作用します。
しかし、黄ばみの原因は内部の黄ばみであり、象牙質の黄ばみです。この黄ばみを解消するためには、歯科医院によるホワイトニング方法が必要です。
歯科医院で使うホワイトニング剤には、医療機関でしか扱えない「過酸化水素」や「過酸化尿素」が使われています。過酸化尿素は自然分解して過酸化水素と尿素に分かれます。
そしてその過酸化水素が歯の象牙質まで浸透し、色素を分解(酸化)します。象牙質の色素が減ることで黄ばみが解消されて白くなる、というわけです。
併せて、光やレーザーを当てることで効果が高まり、短時間で歯を白くすることができます。


歯科医院で行うホワイトニング方法

自宅やサロンで行うセルフホワイトニングといわれるものは、歯の表面の着色には効果が出ても、歯の内部の黄ばみまで取り除くことはできません。ホワイトニング剤の成分の違いがあるためです。
歯そのものを明るくしたい、白くしたいというのであれば、歯科医院でのホワイトニングが最も効果のある方法です。歯科医院で行うホワイトニングにも、大きく分けて2つの方法があります。もちろん両方を併用することで短期間に効果が期待でき、長持ちしやすくなります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行う施術です。専門知識のある有資格者が施術します。
ホワイトニング剤には高濃度の過酸化水素を使用し、さらに光やレーザーを当てることで、分解作用を高めることができます。個人差はありますが、一度の施術でホワイトニング効果が期待できます。3回程度通院していただくと、より効果的です。短時間で効果を得たい人にはおすすめです。

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニングとの違いは、使う薬剤です。ホームホワイトニングでは、「過酸化尿素」を使います。過酸化尿素は自然分解して過酸化水素が作られていくため、過酸化水素を直接使うオフィスホワイトニングよりも、白くなるスピードは緩やかです。
もう一つの違いは、歯科医院で行うのではなく、自宅で患者さんが毎日行うものです。患者さんの歯並びに合った専用のマウスピースに薬剤を入れて行うホワイトニング方法です。効果が現れるまで時間はかかりますが、自分で手軽に行えます。ホワイトニング後のメンテナンスにも最適です。費用もオフィシャルホワイトニングより抑えられます。

もちろん、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用すること(デュアルホワイトニング)も可能です。短期間での効果、持続性が期待できます。


ホワイトニングの概要と注意事項

当院の治療は全て保険適応外の治療(自由診療)であり、費用は自己負担となります。
ホワイトニングの効果は、永久的ではございませんので、定期的なメンテナンスが必要です。
副作用についてですが、ホワイトニング後に刺激感が出る場合があります。ただし約24時間経過すれば、多くの方は元の状態に戻ります。
ホワイトニング後は歯が着色しやすい状態になっています。少なくとも24時間は、食べ物や飲み物は注意しながら摂取しましょう。

気をつける食べ物や飲み物(色素が濃い)

コーヒー、紅茶、お茶、赤ワイン、ジュース類、カレーライス、焼肉、やきとり、みそ・醤油ラーメン、焼きそば、チョコレート、味噌汁、色の濃い野菜、色の濃い果物、しょうゆ、からし、わさび、口紅、色つきの歯磨き粉、うがい薬など

おすすめの食べ物や飲み物(色素が薄い)

水、牛乳、白ワイン、米、お粥、パン、とんこつ・塩・バターラーメン、鶏肉、白身魚(醤油なし)、大根、里芋、フライドポテト、ポテトチップス(塩味)、チーズ、ホワイトソース、ナッツ類、お吸い物、白味噌汁 など

ホワイトニングによる痛みにも、個人差があります。ただし時間とともに治まります。炭酸飲料、ヨーグルト、レモン、梅干しなどの酸性のものは控えましょう。

尚、ホワイトニング施術は、誰でも可能ではありません。以下のような方は、ホワイトニング施術はお勧めできません。

ホワイトニング施術を受けられない方

・子供(歯が未完成の場合)
・妊婦期・授乳期
・無カタラーゼ症の方
・虫歯や歯周病がある方
・歯のエナメル質の成長が不十分な方


まとめ

白く美しい歯になれば、気分も晴れやかになり、周りからの印象もきっとよくなるでしょう。
当院では、事前カウンセリングをしっかり行い、患者さんに合ったホワイトニング方法をご提供します。専門知識のある有資格者が施術を行いますので、安心して受けていただくことができます。ぜひ一度当院に足を運んでみませんか。

ホワイトニングの料金はこちら ≫